筏井りさ IKADAI RISA

2020年12月24日
PROFILE
競技名:フットサル
生年月日:1988年8月12日生
出身地:神奈川県川崎市出身

神奈川県出身。小学生でサッカーを始め、鹿児島県の鳳凰高校に進学。2、3年時に全日本高校女子サッカー選手権大会3位入賞を果たしました。また、在学中にU-17(17歳以下)日本女子代表に選出。AFC U-17女子選手権(現 AFC U-16女子選手権)にバックアップメンバーとして帯同しました。筑波大学在学中には、ユニバーシアード日本女子代表に選出。同チームのキャプテンを務め、第26回ユニバーシアード競技大会で準優勝しました。大学を卒業した2011年にジェフユナイテッド市原・千葉レディースに加入。翌2012年の皇后杯全日本女子サッカー選手権大会で準優勝しました。2016年に浦和レッズレディースに移籍。2017年になでしこリーグカップで準優勝し、同シーズン終了後に退団しました。
2018年シーズンからフットサルに転向し、現在は日本女子フットサルリーグのさいたまSAICOLOに所属しています。
2018年 関東女子フットサルリーグ 得点王
日本女子フットサルリーグ 準優勝
2019年シーズンは前十字靭帯断裂の怪我のため半年のリハビリを経て12月に復帰。 2020年10月には日本女子フットサル代表候補に選出されました。
現役生活をしながら、JFAこころのプロジェクト「夢の教室」のアシスタントスタッフとして、全国各地の子供たちに夢を持つことの大切さやきっかけ作りのための活動をしています。

今までの活動実績

JFAこころのプロジェクト 「夢の教室」
非営利活動法人Nextone.「スポーツ探検隊」 講師
株式会社メディカルリソース 営業研修「スポーツを通して学んだ拘り・信念を持つこと」
公文国際学園 職業講演会 OGとして登壇
サッカースクールコーチ、サッカーイベントの講師


アスリートのエンジニア化プロジェクトの一環として、アスリート&元アスリートのエンジニア集団 SportsTech Labに所属し、アスリートのデュアルキャリア、セカンドキャリアのモデルとしてタイムカプセル株式会社で活動しています。
経歴 
・神奈川県川崎市出身
・公文国際学園中等部
・鳳凰高校
・筑波大学 体育専門学群
・筑波大学大学院 人間総合科学研究科 修士課程
・ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
・浦和レッズレディース
・さいたまSAICOLO

サッカー歴:22年
フットサル:3年